修理ブログ

ASUS ZenBook UX301L 電源が入らない。RAID構成SSDからデータの取出し

: 本町店

今回の修理マシンは、ASUS ZenBook UX301L。ASUS直販モデルです。
電源が入らないという症状でお持ち込みいただきました。

ASUS ZenBook UX301L 故障機

 

お客様の事情は、保証期間内なのでメーカー修理に出す予定。
しかし、中に残されているデータが重要
メーカー修理の場合は修理期間が長くなる場合が多いため、早めにデータが欲しい。

そのようなご要望でしたので、まずは、すぐに治る故障なのかどうかを判別していきます。

まずは電源アダプターのチェックを実施。アダプターやコネクタは正常動作をしています。
保証を切らさない分解まででは精査ができませんでした。
通常の修理の場合、この状況であればCMOSクリアやメモリ交換を試して治らなければマザー不良の可能性が高いです(この機種はオンボード搭載型のためメモリー取り外しができないタイプ)。

今回の故障はどうやらマザーボード不良で確定のようです。

マザーボード交換についてはメーカー修理となるので、今回はストレージからデータを取り出す作業のみを行います。
分解して取り外したSSDから直接データを取出します
では、早速分解します。

ASUS ZenBook UX301L 分解した内部

写真左上にSSDが2台搭載されています。

これは、2台のSSDでRAIDを組んでいるマシンなのです。

ASUS ZenBook UX301L 2台搭載されたSSD

SSDを1個ずつ取り外し、健康状態をチェックし、クローンコピー(全く同じ内容のものを複製)を取ります。
幸い、SSDは2台とも正常動作することが確認できました。

RAIDデータの復旧については複雑な手順を踏まなければなりません。
元々のRAIDの構成や、パリティ、ブロックサイズなど……
念入りに調査して元のRAID構成を確認し、データを復旧します。

今回は、SSD2台とも生きていたものの、RAID-0構成のため復旧までに時間がかかりました。
その甲斐あって、無事にすべての必要なデータを抜き出すことが出来ました。

メーカー修理に出す予定だけど「データが消えては困る」というご相談は多くいただいています。
データの復元・回復は、RAID構成の場合でも承っております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

 

パソコンドック24 本町店の連絡先