修理事例

自作パソコンの電源ユニット交換修理を行いました。

: 秦野店

今回は自作パソコンの修理です。

ご友人やご親類の方に作ってもらった、譲ってもらったというパソコンはございませんか?

組み立てた方が遠方に離れたため困っていると、今回のお客様もおっしゃっていました。

IMG_0600

症状は、電源ボタンを入れた後、数回再起動してからでないと電源が入らない、勝手に電源が入る、とのこと。

IMG_0599

写真のようにFANが回ったり止まったり、LEDが光ったり消えたりを繰り返してやっと、電源が入ります。

以前は1回ですんなりと電源が入ったそうです。

 

専用の機械で電力を測ってみると問題があります。

IMG_0596_3

1秒間に必要な電力が足りておらず、起動したくてもできていなかったようです。

バイクで何回もキックしてエンジンをかけようとしているところと同じような状況です。

これは電源の交換が必要になります。早速交換してみましょう。

IMG_0605

中のほこりをクリーニングし、配線を丁寧に行います。

早速スイッチオン!

しかし、まったく電源が入りません。無反応です。

IMG_0607_2

メインの基盤側を検査すると問題はありませんでした。

ボタン側に絞ってチェックしてみましょう。

IMG_0606

取り外して見てみると、膨らんでいるところが2か所ありました。

どうやら断線し、熱で被覆が膨らんだようです。

IMG_0608_2

膨らんでいるよりも下の部分で切断し、はんだ付けを行います。

IMG_0611

今一度電源を入れてみます。

IMG_0612

再起動を繰り返すことなく、一度で電源が入るようになりました。

ケース丸ごとの交換になると、種類も多く、価格も高くなってしまいます。安価に直せたと喜んでいただけました。

自作パソコンはもちろんのこと、ゲーミングPC、BTOパソコンなどもお気軽ご相談ください。

お見積もり、診断、ご相談は無料です。

パソコンドック24 秦野店の連絡先 →