修理ブログ

東芝dynabook KIRA V834/29KSが起動しない。クリーンインストールで修理。

: 浜松店

浜松市東区半田山のお客様より、起動しない東芝dynabook KIRA V834/29KSをお預かりしました。

電源ボタンを押しても、このように黒い画面に白い文字が表示されます。「Insert system disk in drive. Press any key when ready….」起動可能なシステムディスクが認識されていないという状態です。

hmt2017030401

お客様は別の修理店で診断してもらったそうですが、「特別な構成になっているので東芝に依頼してください。」と伝えられたそうです。

まずはこのdynabookをお預かりし、詳細診断作業に入ります。

裏蓋を開けて内蔵ディスクをチェック。このdynabook KIRA V834/29KS は、SSDが搭載されています。モバイルPCでよく使用されるmSATA規格のSSDですね。

hmt2017030408

SSDを診断してみた結果、機械的には壊れておりません。Windowsの起動に必要なファイルが論理的に破損しております。

今回は再セットアップ用のリカバリDVDを作成されていないという状況でしたので、Windows 8.1をクリーンインストールして復旧いたしました。

クリーンインストールの場合、dynabook KIRA V834/29KS用の最新ドライバを手動インストールしていきます。

まずは、高解像度2560×1440ドットでも綺麗に表示させるためのユーティリティーソフト(東芝画面設定ユーティリティ)をインストールします。このユーティリティを入れておかないと、文字表示がかなり小さくなって見づらくなります。

hmt2017030404

続いて「TOSHIBA Function Key」。Fnキーとファンクションキーの組み合わせで画面照度や音量を調節できる機能です。

hmt2017030405

これで、画面照度もコントロールできるようになりました。ノートパソコンには必須機能ですが、クリーンインストールの場合はユーティリティをインストールしておかないと機能しない場合があるのです。

hmt2017030402

そして、SDカードドライブを認識させるドライバのインストール。こちらもクリーンインストールでは認識しませんので、「Realtek Card Reader」をインストールしました。

hmt2017030406

これで、SDカードスロットも無事使えるようになりました。

hmt2017030407

このあと、Windows 8.1用のセキュリティ更新を最新状態にし、ネット閲覧も安全にできるようチューニング。当店のリフレッシュパックを実施いたしました。

モバイルパソコンの場合は特殊なユーティリティが多いため、再セットアップ用のディスクが無いと難しいこともありますが、パソコンドック24にご相談いただければ大概のことは解決いたします!

お気軽にご相談ください。

パソコンドック24 浜松店の連絡先:

パソコン修理ページで、パソコンが正常に起動しない場合の費用概算を確認できます。

パソコンが正常に起動しないトラブル » 修復しています等の表示のまま起動しない