修理事例

起動後すぐに電源が落ちる SONY VAIO Lシリーズ VPCL218FJ のファン交換

DSC_0228
SONY VPCL218FJ 24インチ画面にTVチューナー付きの一体型PCです。

起動すると、ほぼすぐに電源が落ちてしまうという症状でお預かりしました。

検証してみると、一瞬FANが回るがすぐに停止。
時々回転するがすぐまた停止してしまう状況でした。
冷却FANの故障が疑われます。

FANの状態を調べるため、本体を分解します。
DSC_0212
スタンド、リアの樹脂パネルを外しスチール製の基板シールドを順序よく分解していきます。

シールドを取り外し基板と御対面です。
DSC_0213
正常稼働していないファンを確認できました。

早速、パーツの確保の確認をすませお客様にお見積りのご連絡を差し上げたところ……
「メーカーのサポートを受けたがファンが故障しているようだと案内をうけました。メーカーに部品がなく修理も断られたので助かります」とのことで快諾していただけました。

感謝の言葉をいただき、モチベーションが上がったところで作業開始です。

DSC_0219
まずは壊れたファンをヒートシンクと分離します。

DSC_0220
ヒートシンクは、車の主要部品に例えるとラジエーターにあたる部分なので、きれいにホコリを取り除き風通しをよくしました。

DSC_0215
CPUの熱を先程のヒートシンクに伝えるヒートパイプ。
熱伝導グリスが硬化していて樹脂のようにカチコチでした。

DSC_0217
リムーバーを使いきれいに除去します。

DSC_0218
熱伝導効果の高い高性能グリスを使用。

DSC_0224
新しいファンをヒートシンクに組み込み、元通りに組み立てていきます。

DSC_0226
完成しました。PC上部の吹き出し口より温かい風が出ておりますがしっかり放熱している証です。
勝手に電源が落ちることもなくCPUに負荷をかけるテストもおこないクリアしています。

今回のようにメーカー修理をお断りされるようなケースでも、お力になれることは全力でカバーいたします。

ぜひ、ご相談くださいませ。

簡単“2ステップ”でおよそのパソコン修理費用が分かる
»パソコン修理の症状ごとの費用をチェック!