パソコン等のハードディスクからデータを完全に消去します

パソコン等からデータを完全に消去

データが残ったままだとしても、破棄/売却/譲渡できますか?

ちょっとまって!
そのパソコン、データが残っていますよ!
本当にそのまま捨てて大丈夫ですか?

ゴミ箱を空にしたり、ハードディスクをフォーマットするだけではデータは完全には消去されていません。故障してパソコンから認識されないハードディスクもデータが残っています。特殊なソフトや機材を使用することでデータが復元可能です。
そのため、データを消したつもりでも、ハードディスクを入手した他者に情報が漏えいするだけでなく悪用される恐れがあるのです。

データ消去が必要な状況とは

データ消去が必要となる状況は、パソコン/サーバ/外付けハードディスクなどが人手に渡る場合です。

  • 動作する機器を売却/譲渡する
  • 不要/壊れた機器を破棄する
  • リース/レンタル品を返却する
  • 人事異動で使用者を変更する

これらのケースで情報を渡したくないのであれば、データ消去が必要です。

パソコンドック24のデータ消去方法

ソフト消去方式(HDDの先頭から末尾まで無意味なデータを書き込む)

データエリア全体に、無意味なパターン「00」を2回書込みデータを完全に消去します。(JEITA推奨方式※)DoD方式、NSA方式、NATO方式、Gutmann方式など、お客様のご要望に応じた消去方式をお選びいただけます。オプションとして「データ消去証明書」も発行いたします(1,080円/1台)

消去方式書き込みパターン回数
JEITA 00 → 00 2回
DoD 00 → 固定値 → 乱数 3回
NSA 乱数 → 乱数 → 00 3回
NATO 00 → 固定値 → 00 → 固定値 → 00 → 固定値 → 乱数 7回
Gutmann 乱数4回 → 固定値27回 → 乱数4回 35回

※JEITA推奨方式
「00」での書込みを2回:JEITAの策定した「パソコンの廃棄・譲渡時におけるハードディスク上のデータ消去に関する留意事項」 (PDFが開きます。345KB/A4・11ページ)において、「基本的にはHDDデータ消去プログラムで1回固定データによる塗潰し消去を行えば十分ですが、2回消去を行えば一般的に完全といえます」と言われています。

JEITA(ジェイタ)とは
一般社団法人 電子情報技術産業協会 (Japan Electronics and Information Technology Industries Association)の略称。電子機器、電子部品の健全な生産、貿易及び消費の増進を図ることを目的とした電子工業メーカーの業界団体。

物理的に完全破壊

ハードディスクが故障している場合はソフトウェア的なデータ消去処理ができないため、プラッタを物理的に粉砕します。目に見える形でデータを破壊できるため安心です。

消去証明書の発行 - データ消去は当社が「責任」を持ちます!

データを完全に消去したことを証明する「証明書」を発行いたします。これは、データを確実に消去したことに関して、当社が責任を持つことを示すものです。お申し込みの際に「データ消去証明書」の要/不要の選択を用意しております。証明書は封書でお送りします。


 

パソコン廃棄・処分料金

費用
0円/1台
(パソコン本体・モニタ・プリンタなどの周辺機器を回収し廃棄いたします)
2,000円~/1台
2,000円~/1台
1,000円~/1件

※価格は全て税抜き表示です。

※その他周辺機器、付属品は、そのパソコンに付属すると判断できる範囲での引取り廃棄は無料。

※出張引取をご要望の場合は、その地域の出張料金が必要です。

【持込・出張・宅配】選べる3つの修理方法

お急ぎやお近くに店舗のある方はお持ち込みください。店舗が遠い・交通手段がない・重たいパソコンを運べない。などお持ち込みが困難な場合は、出張サポートをご利用ください。お近くに店舗がない方は宅配便でパソコンをお送りください。

持ち込み修理
宅配修理
出張修理
お電話・メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ