各種データコンバートで企業のIT活用・業務効率化を推進

各種データコンバート

半額 安心 全国 迅速 技術

各種データコンバート

このページの大切な言葉:データコンバート,データ移転,移設,設定,作業

サービス内容

データを保存しておく記録メディアには多くの種類があります。技術の進歩とともに記録メディアは大容量化されました。新しい電子機器の発売に伴い、新しい規格のものが出てきました。

そして、古い規格のものは姿を消し、記録メディアが手に入りにくくなりました。その記録メディアにデータを書き込んだり読み込んだりするための装置も生産されなくなり、手に入りにくくなりました。

古い規格の記録メディアの内容を、新しい規格(別の規格)の記録メディアに移すためにコンバート(変換)したいのに、読み書きする手段がなくお困りの方は多いようです。

パソコンドック24では、このようなデータのコンバート(変換)をお手伝いします。

データコンバートが必要になる主な事例

データコンバートが必要になる主な事例は次の通りです。

  • パソコンを買い換えたので、古い規格のメディアを読み込むドライブがなくなった
  • ワープロからパソコンに乗り換えたが、以前のフロッピーがパソコンで読み込めない
  • 取引先から渡された特殊なデータメディアを読み書きできる環境( ドライブ) が無い
  • 大量にあるFD(フロッピーディスク)などの古い小容量メディアを大容量メディアにまとめたい

対応可能な記録メディア

主に以下のようなメディアについて対応可能です。

  • フロッピーディスク
  • CD/DVD/Blu-Ray
  • MO
  • USBメモリ
  • ZIP
  • DVD-RAM
  • PD

など

いったん作業用のパソコンにデータのバックアップを行い、そこからご希望のメディアにデータをコピーします。

元のメディアに障害がある場合も

元のメディアが古い場合、メディアに障害があり、データが正常に読み取れない場合があります。その際はデータ復旧のメニューが適用されます。

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ