すべてのパソコン修理や法人対応に向け全店でパソコン整備士資格を取得しています

パソコン整備士とは?

すべてのパソコン修理や企業・法人様向けのネットワーク構築、セキュリティ対策などに対応するため、パソコンドック24ではJAPA 特定非営利活動法人パソコン整備士協会が運営する「パソコン整備士」資格を全店で取得しています。

私たちはパソコン整備士の資格保有者です。

“パソコンに詳しい”この言葉ほど、定義があいまいな言葉はありません。

客観的な基準を用いて、我々の技術力をお伝えしたい、そんな気持ちから私たちは、「パソコン整備士」資格を当グループの技術力をお伝えする一つの方法として活用することにいたしました。

パソコン整備士

この資格を取得するには、パソコンに関連する各分野を偏りなく全般的に理解している必要があります。お客さまの困りごとを総合的に理解し、解決するための基礎知識が身についているかどうかが、試される資格です。また、単に技術的な能力だけではなく、個人情報の守秘義務を遵守できる倫理観を持ち合わせているかどうかもこの資格では問われます。

バランスのよい総合的な知識と、技術を悪用しない倫理観を持っていることを証明する資格が、このパソコン整備士なのです。しかし、この資格があるだけで、パソコンのトラブルを解決できるわけではありません。なぜなら、トラブルの現場は多種多様であり、求められる解決策は、お客様によっても異なります。これらに適切に対応するには、さらに深い技術力や、多くの経験に裏打ちされた診断力、判断力がさらに必要だからです。

これらの能力は、実際に、お客さまに体験していただいてこそ、お伝えできるものです。まずは、安心してご来店いただきご相談していただくために、私たちはパソコン整備士資格保有者のいるお店として展開していきたいと思っています。

パソコン整備士の資格について

パソコン整備士 1級

小さな事務所で利用するような身近なLANから、数千人のスタッフを管理するような本格的なネットワークまで、実践的にセッティング・運用するノウハウを持ちます。もちろんVPNなど拠点間ネットワークに関しても実用的なノウハウを持っています。管理者として求められる情報倫理規定を理解し、情報セキュリティ技術を修得している人材です。

パソコン整備士 2級

ハードウェア・ネットワーク・セキュリティに関するベーシックスキルを修得し、パソコンのトラブルに対応できる人材です。また、情報倫理関連法規に関する基本的な知識を有します。

パソコン整備士 3級

パーソナルユースにおいて、パソコンのトラブル原因が把握できる知識と技術を有します。また、パソコンを使用する上で最低限必要とされる情報倫理を修得しています。

パソコン整備士にご興味がある方は「パソコン整備士協会」のホームページをご覧ください。

資格さえあれば信用できると言えるものではありませんが、取得するためにそれなりに勉強と経験を必要とする資格であることは間違いありません。企業努力の証明のひとつとして、資格の取得には力を入れています。また、受験を通じて私たち自身が学ぶことも多いです。勉強不足であることを自ら認識し、謙虚に取り組むためにも必要と考えています。
信用できる業者に任せたい大事なパソコンがありましたら、ぜひパソコンドック24にご連絡ください。

パソコン修理・Mac修理・データ復旧に関する電話・メール問い合わせはこちらから

パソコン修理・Mac修理・データ復旧に関する電話・メール問い合わせはこちらから