パソコン整備士とは

パソコン整備士が常駐するお店です!

当社の社員は全員が「パソコン整備士」資格保有者です!

パソコンに少し詳しい程度ではダメ!

専門家としての技術を保証する資格
パソコンに少し詳しい程度ではダメ!

昔はNECなど一部の大手メーカーの規格を中心にパソコンが作られており、パソコンの性能やデータ容量にも、無理のない範囲で限度が設定されていました。無理のない製品を提供することで、サポートの充実が約束されていたのです。

しかしWindows95のリリースと同時に自由化が促進され、パソコンはいろいろな使われ方をするようになり、メーカーの手に負えなくなってきました。パソコンサポートという業種は、このような背景を受けて生まれました。

パソコン整備士

当時は、パソコンを多少扱えるなら誰でもパソコンサポート業を開業することができましたが、接客が不慣れであったり、責任感の欠如などによるトラブルも多かったです。このページをご覧になっているお客様の中にも、サポート業者のサービスの質に不満を感じた方は多いことと思います。

近年では、特に個人情報の保護に関して信用を求められるようになり、「パソコンに詳しい人なら誰でもよい」というふうにはいかなくなっています。ちゃんと約束を守れる業者でないと、大事なデータを任せることはできません。

このような時代の中で

体系的で守備範囲も広いスキルを身に付け、個人情報の守秘義務を遵守できる人材であることを証明する必要があります。そして生まれた資格が「パソコン整備士」です。 パソコンに関する資格は数多く存在しますが、中でもパソコン整備士は、個人情報の保護及び情報倫理の遵守を重要視しています。パソコンに詳しいだけでなく、安心して任せられる人であることを評価します。

パソコン整備士の資格について

1級 パソコン整備士

小さな事務所で利用するような身近なLANから、数千人のスタッフを管理するような本格的なネットワークまで、実践的にセッティング・運用するノウハウを持ちます。もちろんVPNなど拠点間ネットワークに関しても実用的なノウハウを持っています。管理者として求められる情報倫理規定を理解し、情報セキュリティ技術を修得している人材です。

2級 パソコン整備士

ハードウェア・ネットワーク・セキュリティに関するベーシックスキルを修得し、パソコンのトラブルに対応できる人材です。また、情報倫理関連法規に関する基本的な知識を有します。

3級 パソコン整備士

パーソナルユースにおいて、パソコンのトラブル原因が把握できる知識と技術を有します。
また、パソコンを使用する上で最低限必要とされる情報倫理を修得しています。

パソコン整備士とは

パソコン整備士にご興味がある方は「パソコン整備士協会」のホームページをご覧ください。

資格さえあれば信用できると言えるものではありませんが、取得するためにそれなりに勉強と経験を必要とする資格であることは間違いありません。企業努力の証明のひとつとして、資格の取得には力を入れています。また、受験を通じて私達自身が学ぶことも多いです。勉強不足であることを自ら認識し、謙虚に取り組むためにも必要と考えています。

信用できる業者に任せたい大事なパソコンがありましたら、ぜひパソコンドック24にご連絡ください。

お電話・メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ