Windows7 サポート延長期限終了
まであとわずか

ほんとに買替えしか方法はないの?
と思うあなたへ「4つの処方箋」

Windows7はいよいよ2020年1月14日でサポートの延長期限が終了します。終わる、とは聞いていたけど、まだ何も準備していない! Windows7でしか動かないゲームをやっているのに! 大型プリンタにつないでいるのに会社はどうなる! またWindows難民が街にあふれそうです。
家電店やパソコンメーカーは「新しいパソコンに買い替えを」と薦めるでしょうが、かえって「本当にそうなの?」と悩んでしまうところです。

YES/NOテストで見つけよう、あなたの「Windows道」YES/NOテストで見つけよう、あなたの「Windows道」
YES/NOテストSTART!YES/NOテストSTART!
  • 実はWindows7を使い続けるという道もあるのだ!実はWindows7を使い続けるという道もあるのだ!
  • Windows10にアップグレードで乗り切るぞ!Windows10にアップグレードで乗り切るぞ!
  • この際だから新品のパソコンに買い替えたい!この際だから新品のパソコンに買い替えたい!
  • 賢い買い替えワザ「リファビッシュ」に興味あり!賢い買い替えワザ「リファビッシュ」に興味あり!

Windows7は2009年10月に一般向け発売が開始されました。もう10年なのですね。メインストリームと言われるサポートはすでに2015年で終了。現在は延長サポート期限として、セキュリティパッチが無償提供されています。これがいよいよ2020年1月14日をもって終了するのです。

つまり、今回のサポート終了で一番困るのは「セキュリティの穴をふせげなくなる」こと。でも、7でしか動かないソフトやハードを使っている場合には、Windows10の環境にできないケースもあり、その場合にはできるだけオフラインで使うなどが自衛策となります。

考えてみれば、10年前のOSが搭載されたパソコン自体、かなり古くなっているかもしれません。メモリやCPUがもうしんどい、ハードディスクをSSDに替えて速度向上したい、などの場合には、どの処方箋でも、SSD換装などのパソコン性能の最適化は必要になりそうです。

Windows7のまま使い続ける、Windows10にアップグレードする、という方法はコストがかからなくて良さそう、自分でもできるかも、と考えがちですが、これは要注意です。もしOSのアップグレードがうまくいかなかったら、その上で動いているソフトが動かなくなる、そのソフトで作成したデータも開かなくなる…と最悪の結果が待っています。

Windows7のままで使い続けるというのも、「それでいいなら何もしなくてもいいや」と思うと大間違い。うかつにインターネットにつないでいるとセキュリティの弱点をつかれて、ひどい目にあうかもしれません。

私たちパソコンドック24は全店でパソコン整備士の資格を有するプロフェッショナルです。
ぜひご相談ください。

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ