修理事例

電源が入らなくなったeMacの修理事例

扇町店長のタケちゃんです。

電源が入らなくなったeMac (通称:新幹線)をお預かりしました。

eMac (通称:新幹線)
2002年に発表されたかなり古い機種ですが、今でも現役バリバリで使用しておられる方にとっては大変貴重なマシンです。

今から15年も前の機種なので当然経年劣化は激しいのですが、逆に言うと、この時代のマシンだからこそ、丈夫で今まで致命的なトラブルも特になく使い続けてこられた、と考える事も出来ます。
HDDの換装手順などについては、様々な方が工程をブログ等に載せておられるので、今回、そこは割愛し、電源基板に焦点を当てて診ていきたいと思います。
まずは分解していきましょう。

【料金について詳しく調べる】
オールドMac・その他のMac修理

eMacのロジックボードとHDDは既に取り外し

ロジックボードとHDDは既に取り外しました。本題はここからです。

eMac分解作業工程
分解の途中、カニを捌いている様な錯覚にふと陥りますねw

高電圧のかかるFBT(フライバックトランス)

電源を切っているとはいえ、高電圧のかかるFBT(フライバックトランス)を取り外す時は何となくビビッてしまいます。

eMac基板のコンデンサ

おや?犯人の顔がチラッと見えたぞw

eMac分解工程2

電源基板まであと少し。

eMac分解工程3

最後にこの大きな土台を取り外せば…

eMac分解 基板に到達

ようやく原因箇所へたどり着く事が出来ました。

不良コンデンサを正常品に交換し修理完了

後は不良コンデンサを特定し、半田作業にて正常品へ交換してあげれば完了です。
パソコンドック24扇町店では、どんなに古いマシンでも、お客様の直したい!というニーズに全力でお応えします!

【料金について詳しく調べる】
オールドMac・その他のMac修理