修理事例

【Gateway DX4885】SSD換装、ブルーレイドライブへの変更

今回のお客様は、ハードディスクが壊れ立ち上がらなくなったとのご相談。
この機会に、スペック向上を目的にハードディスクをSSDに交換。そして、ブルーレイドライブへの交換をご依頼いただきました。

機種は、「Gateway DX4885」デスクトップです。

Gateway

SSDの容量は、予算を考えて120GBを選択、ブルーレイドライブはPioneerを選択しました。
SSD、ブルーレイドライブとも元々接続されているHDD、DVDドライブとの交換になります。

【料金について詳しく調べる】
SSD換装・交換

20170927_102305

側面のカバーを開けた所です。DVDドライブとブルーレイドライブの交換は、フロントのパネルも外す必要があります。
フロントパネルのロックを外してフロントパネルを取り外しますが、結構ガッチリ付いていましたので、慎重に外しました。

ホコリも結構溜まっていましたので、内部も清掃します。

20170928_114554

DVDドライブを外し、ブルーレイドライブを取付けます。

20170928_114850

次に、HDDとSSDの交換です。HDDは、筐体にボックスで取付けられていますので、まずボックスを取り外します。ボックスからHDDを取り外しSSDと交換します。

20170928_115202

SSDは、2.5インチサイズですので、ブラケットを取付け、ボックスにネジ止めします。

20170928_115640

後は、元通りに組み直して起動するかチェックします。その後、OS(Windows10)をインストールして完了です。

さすがに、SSDは起動が速いです。
電源ボタンを押してからWindowsの起動完了までの時間が半分程度に短縮されました。

最近パソコンが遅くなってきたと感じられたらSSDへの交換をお勧めします。
古いハードウェアのパソコンでも十分速くなります。ご予算、ご利用形態に応じて最適なご提案をさせていただきます。
一度ご相談ください。

【料金について詳しく調べる】
SSD換装・交換