修理事例

水損 MacBook ProのLCDケーブルとLCDコネクタの修復事例

PC24新大阪店の増山です。

今回は画面が映らなくなったMacBook Proの修理ポイントをご紹介します。

ご依頼いただいたのはMacBook Proの画面が映らなくなった原因は水損でした。

たいていのPCは、キーボードの上から水等をこぼして壊れてしまっていますが、
MacBookシリーズはボディの後側面に換気口がある為、直接水がかかっていなくても、
別の所にこぼした水がテーブルの上を流れてMacBookの後側面の換気口から内部に侵入してしまう事がよくあります。

この換気口は内部の基板に直結する構造になっている為、少量の水であっても侵入=基板破損のリスクがきわめて高くなります。

MacBookシリーズをお使いの方は、机/テーブルの上に水がこぼれたら、直接かかっていなくても急いでMacをどかせて下さい。

このMacBook Proも後側面から水が侵入しており、キーボードや基板(ロジックボード)上面は全く損傷がありませんでしたが、基板下面のVGAケーブルを接続する
コネクタの端子部分やコネクタ右下の部品がショートしていました。

コネクタ端子の部分がショートした場合、コネクタの金属端子が何本か溶けてなくなってしまう事もよくあり、その場合はコネクタ損傷だけであればコネクタのつけ替えで修復します。

周辺の部品が損傷していた場合でも酷くなければ修復可能ですが、基板側の内部や周辺の部品も損傷してしまっていたら基板の交換が必要になります。

ここがVGAケーブル接続コネクタで、ショートしてしまっています。

コネクタ周辺の実装部品もやっぱりショートしている模様です。
ただ、幸いコネクタ端子は残っていますので修復を試みます。
修復作業はコネクタ端子のクリーニングと再ハンダ付して、黒焦げになっている実装部品を交換します。


作業完了後、このようになりました。

結果このMacBook Proの画面出力は無事復旧しましたが、換気口から水が侵入した場合、浸水した時は基板に直接被害がなくてもボディ底板部分に残った水が後で被害をもたらす場合があります。

この状態でPCを移動したり、カバンに入れたりすると、底部分にたまっていた水が基板にかかり、
それが原因で基板破損する事もよくありますので、内部に水が侵入するような事態になった際は
慎重にボディをななめにして後側面の換気口から排水、長時間その状態で置いておいた上で、本体を裏返さず底板部分をドライヤー等であたためて水分を乾かして下さい。

このブログを書いたお店

パソコンドック24 新大阪店 06-6732-9400

〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島5-9-6»[地図]

全国の店舗一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

Shop List [店舗一覧]

お困りごとや修理に関するご相談は、お近くの店舗へお気軽にご相談ください。

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ