修理事例

DELL ノートパソコン XPS L702X ヒンジ修理事例

今回は、DELLノートパソコンのヒンジ修理事例です。

最近多いのが、液晶パネルの交換修理、ヒンジ破損の補修修理です。
ノートパソコンは、軽量・薄型が進んだ結果、強度的には弱くなってきている傾向です。

このパソコンは17インチ液晶で、どちらかというと大型で丈夫な筐体ですが、
左下のヒンジ固定部分が、破損してしまって開閉ができない状況でお持ちになられました。

お話をお聞きしましたら、電源のオンオフが多く液晶パネルの開閉も回数が多いとの事でした。
経年劣化と共に加水分解が進んで、割れやすくなっていると思われます。

ヒンジの状態1

▲ネジ受けの部分が壊れて、液晶パネル部分が浮いてしまっています。

パネルの破損などを注意しながら、さらに見ていきます。

ヒンジ状態2

▲すべてのネジ受けが、壊れています。

今回はパネルが大型のため、3か所でボルトを使って固定していくことにしました。

ボルトの固定位置

▲ボルトの位置を決めて、ドリルで穴をあけていきます。

内側からドリルを使って、慎重に穴をあけていきます。そこにボルトを挿して、内側でナットで固定します。

ナットで固定します。

▲外からボルトを通して、内側でナットで固定します。

ベゼルを取り付けたときに、掛からないように余分なボルトを切って微調整します。

ボルトの長さ調整

▲余分なボルトを切り落とすのも、結構、大変な作業になりますが、慎重に切っていきます。

最後は、液晶の押さえであるベゼルを元通りに、取り付けていきます。

ベゼルの取り付け

▲ベゼルの浮きなどをチェックしていきます。

正面から見ると、3本のボルトが見える状態になりますが、強度的には十分耐えられるものと思われます。

パネル正面

▲表から見ると、このような状態になります。

最終確認となります。電源を入れて起動の確認、ぐらつき等が無いかの確認が出来て完了しました。

最終確認

▲電源を入れて最終確認し、完了しました。

これで、多少の見栄えはありますが、安心して開閉できるパソコンに生まれ変わりました。

もう、直らないかなと思われたり、メーカー修理の金額に驚かれたら、あきらめずに、まず、お問い合わせください。
お客様のご希望をお聞きして、最適な修理方法をご提案させていただきます。

このブログを書いたお店

パソコンドック24 一宮店 0586-52-7824

〒491-0915 愛知県一宮市宮地2-1-9»[地図]

全国の店舗一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

Shop List [店舗一覧]

お困りごとや修理に関するご相談は、お近くの店舗へお気軽にご相談ください。

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ