修理事例

MacBook Pro Ritina 2016年モデルからのデータ取り出し

ちょっと晩酌をしながら触っていたMacBook Proに誤ってキーボードの上にお酒をこぼしてしまい
電源が入らなくなったMacBook Pro Ritina 2016年モデルからデータを救出するご依頼がありました。
修理もしたいが、先に何としてでもデータが重要との事です。

それで2015年モデル以前は、下の写真がSSDですが、

2016年モデルからSSDがロジックボードから分離出来ません。
昔みたいに簡単にデータを取る方法がありません。(簡単と言ってもハードルは高いです)

まずは分解をして故障原因を簡単に見てみます。
裏蓋を開けてみました

ここまでは水没痕は見受けられませんでした。

今度はとことんコネクタを外して見てみます。
液晶パネルへの信号コネクタを見ると・・・

コネクタがショートして焦げていました。これは画面に何も出ないです・・・
そして、バッテリーも見てみます。

経年劣化と思われますが、ちょっと膨張しています。

本題のデータを取り出す作業に入ります。
まずはロジックボードを取り出しします。

この端子からデータを読みにかかります。

大阪・扇町店にある秘密兵器を使って上記の端子からデータを救い出します。
モザイク加工ごめんなさい。

使用容量が700GB程度あったため、時間はかかりましたが、問題なくデータが取れました。

外付けハードディスクへコピーして無事納品が完了しました。
特にデータを心配されていた為、お客様は非常に喜んでいました。

MacBook Pro 水こぼし・水没(修理に関する参考費用はこちら)

MacBook Pro データの取り出しのご要望は?(修理に関する参考費用はこちら)

このブログを書いたお店

パソコンドック24 大阪・扇町店 06-4302-5095

〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋3-8-9 新末広ビル1F»[地図]

全国の店舗一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

Shop List [店舗一覧]

お困りごとや修理に関するご相談は、お近くの店舗へお気軽にご相談ください。

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ