修理事例

充電できない、電源が入らない MacBook(Reina 12インチ)の修理事例 渋谷区富ヶ谷のMac修理事例


こんにちは!渋谷店です。
今回は、渋谷区富ヶ谷のお客様より「充電が出来たり、出来なくなったりしている内に、ついに電源が入らなくなった」というMacBook(Reina 12インチ)の修理依頼をいただきました。
電源は、確かに入りません。
ACアダプター(充電器)を変えてみてもダメです。


MacBookの裏面の写真です。
それでは、早速分解をしてみます。


スクリューの紛失防止と、長さの違うスクリューの場所を忘れない為に、写真のような工夫をして分解を行なっています。


ブラックスティックを使用しないと、固定されている裏蓋が外れません。
慣れていない時は、スティックを挿入するのに内部パーツを破損させないか?と緊張します。裏蓋が外れてもそのまま持ち上げてはいけません!!ケーブルが繋がってます!!


裏蓋をちょっと浮かして中を覗きます。
電源を切断するボタンをブラックスティックの先で押して、バッテリーを取外したような状態にする必要があります。トラックパッドケーブルがまだ繋がったままなので中々難しいです。


次に、トラックパッドケーブルを外します。


トラックパッドケーブルが外れると、ようやく写真のように開く事が出来ますが、まだいくつかのケーブルが繋がったままなので分離出来ていません。


DCジャックのケーブルをロジックボード(メイン基板)から取外しました。


ロジックボードとオーディオボードを接続しているケーブルを取外しました。


ここが!最初どうやって外すのか?悩んだのですが…
液晶ケーブルを取外しました。


裏蓋(バッテリーやロジックボード)と液晶部+キーボード部が分離出来ました。


次に、キーボード裏のオーディオボード、DCジャック、液晶ケーブルなどを固定しているスクリューを外して、液晶上半身とキーボード部(トップケース)を分離出来ました。


DCジャックです。
今回の故障の原因はコレでした!!
ここを交換してもダメならば、ロジックボード(基板)がダメという可能性が高くなり、修理難易度や費用も高くなり、最悪データも諦めなくはならなくなります。
今回は、軽傷で良かったですね〜
MacBookは、このDCジャックが故障する事がよくあるんです。


DCジャックを交換し、元通りに組み上げました!!!!


ちゃんと充電されています。
ハードウェア総合テストにも無事パスしました。

いや〜比較的新しい機種のMacは、分解するのん緊張しますわ〜。
新しい機種でも修理できますので、渋谷店にご相談ください。

MacBook 「正常に起動しない」の症状は?(修理に関する参考費用はこちら)

動作が遅い・固まる(修理に関する参考費用はこちら)

このブログを書いたお店

パソコンドック24 渋谷店 03-6712-7030

〒150-0041 東京都渋谷区神南1-20-10 神南興業ビル3F»[地図]

全国の店舗一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

Shop List [店舗一覧]

お困りごとや修理に関するご相談は、お近くの店舗へお気軽にご相談ください。

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ