修理事例

MacBook Pro 2016〜2017年モデルのデータ救出(移行)サービス始めました

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回お預かりしたのは電源が入らない症状のMacBook Pro 15inch 2016年です。

MacBook Pro 2016年以降のモデルは、今までのようにSSDを取り外しデータを救出することは出来ない為、
これまで「データ救出はできません」とお断りしておりましたが、
お客様のご要望にお応えしたい一心から、救出できるよう努力致しました。

パソコンドック24は常に可能性を求め、新しい事への挑戦をしております!

データ復旧するにあたり、取り外せるタイプのSSDはSSDを取り外し復旧しますが、
MacBook Pro2016年以降はロジックボードに溶接されていますのでロジックボードを外す必要があります。
赤枠で囲ってあるところが、SSDのある場所です。

今までのように取り外しができないタイプですね。

専用の復旧マシーンをロジックボードへ接続し、SSDが壊れていないことを確認し、新しくロジックボードを交換したMacBook ProへUSB-Cケーブルで接続しデータ移行作業を行います。
移行が完了するまで、しばらく待ちます。

待つこと3時間、移行が無事に完了しましたので、再起動し無事にデータが戻っているか確認します。

画像データなどが多かった為、時間がかかってしまいましたが、データも無事に戻り安心致しました。

新宿店では、MacBook Proのデータ救出を始めましたが、注意事項がございます。

液体損傷により電源が入らなくなったものや、通常故障で電源が入らない症状等の復旧はできますが、SSDに損傷がある場合は復旧できません。
お電話や窓口でのお話だけでは、詳細なことはお伝えできませんので、一度お預かりし、診断を行った上でご相談させて頂ければ幸いです。

新宿店には、Mac修理に10年携わってきたベテランがいます。
古いMacから新しいMacまで幅広く修理することができますのでお気軽にご相談下さい。

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

Shop List [店舗一覧]

お困りごとや修理に関するご相談は、お近くの店舗へお気軽にご相談ください。

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ