修理事例

水没したMacBook Air 13inch(mid2012)の修復

扇町店店長のたけちゃんです。

今回は水没したMacBook Air 13inch(mid2012)のロジックボードの修復事例をご紹介します。
あまりに腐食箇所が多いのでまずはロジックボードを取り外し、超音波洗浄で腐食箇所の汚れを落としてから目視確認してみます。

この辺りは意外とダメージは少なそうです。

ICの下に横向きに並んでいる下側のチップコンデンサは左側のはんだが駄目になっているかも知れないので後で修復します。

この辺りまでは特に問題はなさそうだったんですが・・・

致命的な不具合箇所を発見!液晶ケーブルコネクタの電源ラインが完全に焼け落ちていました(拡大するとよく解ります)
これはさすがにコネクタの交換が必要になります。

不良コネクタを外してみました。厄介な事にランドが完全に腐食してしまっており、新しいコネクタを取り付ける際には工夫が必要です。

問題はここ。このICがバックライトの動きを管理しているICなのですが、かなり電圧がかかるICなので過去の事例から考えるとおそらく
ICの下のランド(はんだののりしろ)ごと腐食してしまっている可能性があります。一旦取り外してみます。

一番左上がこのICへの電源ラインですが、案の定ランドが完全になくなってしまっています。これでは液晶が点くはずがありません。
一通り目視確認が終わったので、次は回路図とにらめっこしながら明らかに壊れている箇所をひとつずつ修復していきます。

ここは幸いパターンが見えているのでどこに繋げば良いか一目瞭然。エナメル線を使ってバイパスします。

初めは交換用のICに上記の様に予めエナメル線をはんだ付けしてからICを取り付けようとしてみました。

しかしICのサイズが2mm四方と非常に小さく、実体顕微鏡を駆使してもうまく固定するのが困難だった為、先にICを普通に取り付けて後からエナメル線を割り込ませる事にしました。

本来であれば焼けたランドから伸びている反対側のランドに繋げて完了なのですが、最悪な事にそちら側のランドもなくなっていた為、回路上から完全に孤立した状態です。
その為、回路図を追ってどこに繋げなければいけないのかを調べる必要がありました。

…と、ここまで書いておいて何なのですが、肝心の修理が完了して問題なく起動した画像を撮っておくのをすっかり忘れておりましたorz
別の同機種の筐体を用いて捏造するのは簡単ですが、それは流儀に反するのでやりたくありません。

とりあえず今回はこんな修理もやってます!という画像紹介メインのブログという事でご勘弁くださいm(_ _)m
Windows・Macにかかわらず、水没でパソコンが動かなくなってお困りの方はいつでもお気軽にパソコンドック24扇町店へご相談下さいね!

このブログを書いたお店

パソコンドック24 大阪・扇町店 06-4302-5095

〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋3-8-9 新末広ビル1F»[地図]

全国の店舗一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

Shop List [店舗一覧]

お困りごとや修理に関するご相談は、お近くの店舗へお気軽にご相談ください。

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ