修理事例

パソコン起動時に【自動修復を準備しています】と表示され再起動を繰り返す症状 横須賀市のパソコン修理事例

こんにちは

横浜・上大岡店の増田です。
最近(直近2か月)パソコンのお持込で一番多い事例の紹介をさせていただきます。

パソコンの起動時(電源ボタンおした後)
メーカロゴの下の部品に表示されます。

自動修復の準備をしています。
もしくは
Preparing Automatic Repair


写真を確認していただければと思います。
自動修復の準備が終わった後に 青い画面になり 再起動を繰り返します。
再起動が繰り返せず ちゃんと起動する場合もあります。

何故 このように現象に起きてしまうのか、このように表示された場合
どうしたら 良いのか? 事前に対策はあるのか?

ご紹介させていただければと思います。

主に多い原因
※Windows10のパソコン多い症状であること。
※ソフトやWindowsの更新中に電源が落ちてしまった。
※もしくは強制的にシャットダウンをしてしまった。
※上記による HDD部品の故障へつながる場合があります。
※OSの不具合 (内部ソフトのOS非対応)Win更新による内部エラー
※HD部品の経年劣化 故障
※HDD内のパーテンションのエラー(故障)

事前に対策 常日頃からやっていただきたいこと

リカバリディスク(リカバリメディア)の作成
※メーカーにもよりますが DVDやUSB等に作成可能です。

今のパソコンは リカバリデスク(リカバリメディア)は基本付属はしていないです。
時間はかかる作業ではありますが 是非一度 作成をお勧めします。

データのバックアップ
常にデータのバックアップはお勧めしたいところですが、2か月に1回や重要なデータを作成時は 常にバックアップお勧めいします。
外付けHDDやクラウドへのバックアップを推奨させていただきます。
※外付けHDDは寿命がありますので 2年~3年くらいには交換をお勧めめします。

外付けHDDの中身は HDD部品です。 パソコン内部と同じ部品がおおいです。

なぜ 事前に対策をやっていただきたいのか
今回の事例は パソコン修理 するうえで 上記2点は非常に重要になってきます。

リカバリディスク(リカバリメディア)があると パソコンの修理時間の短縮と修理金額も変わってきます。
データのバックに関しては HDD部品の故障が原因の場合 データ復旧になることが多いです。 その場合 復旧金額が高額になるのと日数が必要になります。

もし症状がおきてしまったら
パソコンを起動させてそのまま再起動で同じ画面を繰り返すなら 電源を落として

是非 パソコンドック24へお持込ください。

1時間以上繰り返したり その他作業されますと HDDが原因だった場合
HDD内のデータの取り出しが困難になる場合があります。

お持込に必要な物
パソコン本体 電源アダプター
もしあれば リカバリディスク(リカバリメディア)ご使用中の外付けHDD等お持ちでしたら一緒にご持参していただければと思います。

HDD交換して WindowsのOS 10をインストールした写真です。
無事にインストールでき起動できました。
動作も問題なく確認済みです。

HDD部品を調べた結果
原因はHDD部品の劣化に故障でした。
HDD交換時はSSD部品へ交換を推奨しています。

修理金額はほとんど変わらないです。
変わるのはSSDの容量が大きくなると部品代は高くなります。

お店にSSD搭載してるパソコンがございます。
是非 起動や動作の速さを実感していただければと思います。

メーカーのサポートが終わったパソコンでも修理は可能です。
お気軽に当店までお問い合わせください。

パソコンドック24では 大切なデータを消さずに作業を行います。

PC修理 「正常に起動しない」の症状は?(修理に関する参考費用はこちら)

PC修理 「動作が遅い・固まる」の症状は?(修理に関する参考費用はこちら)

このブログを書いたお店

パソコンドック24 上大岡店 045-355-0910

〒233-0002 神奈川県横浜市港南区上大岡西2-9-28 ホワイトプラザ1階 E-1 »[地図]

全国の店舗一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

Shop List [店舗一覧]

お困りごとや修理に関するご相談は、お近くの店舗へお気軽にご相談ください。

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ