修理事例

東芝 PBZ55MB-SRA B55/MB 新品PC SSD換装カスタマイズ

企業様から[CPU Core i7][メモリー8G][SSD 500G][MS Office Pro][Windows10 Pro]仕様のパソコンを2台受注しました。
すべての条件を満たすのはなかなか難しいし、高価ですのでカスタマイズで対応します。

東芝 PBZ55MB-SRA B55/MB ビジネスパソコン

ベースになるのは東芝のビジネスパソコンです。

基本性能は高く Core i7-8550U メモリー8GB HDD 1TB Windows10 Pro 64ビット Office無し の仕様です。
違うところは SSD 500G と MS Office Pro の部分です。
ここの部分をカスタマイズで対応して、1TのHDDは外付けHDD化します。

SSDへの換装

まず、SSDへの換装です。
せっかくの新品SSDですし容量も違いますので、リカバリーディスクを作成してリカバリーをおこないます。
リカバリーディスクを作成しておけば、何かあったときにも役立ちます。
東芝の最近のパソコンには「Recovery Media Creator」が初期ではインストールされていません。
ユーティリティのセットアップから、自分でインストールしないとなりません。

「Recovery Media Creator」をインストール後DVD3枚に作成します。
ちなみに、東芝のWindows10機では、リカバリーディスクは作成した該当機でしか使えません。
なので、2台分で2回の作成が必要です。
HDDを取り出して、SSDに交換します。

メモリーカバーを取った後、ネジを23個取ればボトムカバーは取り外せます。

SSDに交換済みです。

ディスクでリカバリー&リフレッシュパック

リカバリーディスクから起動してリカバリーをします。
その後にリフレッシュパックを施します。
不要なソフト削除や各種調整・アップデートをします。
当然、2台分の作業です。
MS Office Proもインストールします。
今年になってからOfficeは「Office 2019」が発売されましたので、最新の2019 Proを入れました。

Office 2019はWindows10のみの対応で8.1以前のOSでは使えません。
要注意です。

HDDを外付けUSBドライブ化

元々使われていたHDDはケースに入れて外付けHDDとして納入します。

基本的にははめ込むだけですので難しくはありません。
HDD自体は完全消去で、隠し領域などを全部消してexFATでフォーマットして、すぐに使える状態にしました。

確認後、納品

起動の時間は電源ボタンを押してから「30秒」でした。
この機種はメーカーロゴが出るまでに10秒近く掛かるので、それも入れた秒数です。
その他、確認してから納品です。

このブログを書いたお店

パソコンドック24 名古屋・庄内緑地公園店 052-505-6100

〒452-0804 愛知県名古屋市西区坂井戸町213»[地図]

全国の店舗一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

Shop List [店舗一覧]

お困りごとや修理に関するご相談は、お近くの店舗へお気軽にご相談ください。

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ