修理事例

MacMini Late2014 SSD交換事例 日進市のMac修理事例

こんにちは 名古屋名東店の久保井です。

GWの休みを長くいただきご迷惑をおかけしました。
その間にしっかり充電でき、また年号も新たになりましたので心機一転して頑張っていきたいと思います。

さて、当店は名古屋市名東区にありまして、地理的に名古屋市のちょうど東の端に位置しています。
西隣は長久手市・日進市、その奥はかの豊田市となり、車があれば結構どこに行くのも絶妙に便利な地区となっています。
近くには「星ヶ丘テラス」「IKEA」「イオンモール長久手」「赤池プライムツリー」「東山動植物園」「平和公園」など、大型ショッピングセンターや大きな公園もたくさんあり、このGWも多くの人でにぎわっていました。お時間がありましたら、当店にお立ち寄りの際には是非足を運んではと思います。

今回の修理をいただいたお客様は、そのお隣、日進市からのご来店です。

とある企業のお客様なのですが、会社で使っているパソコンが全部「Windows7」なので順番に「Windows10」にしていきたい。と何度もご注文をいただいています。

今お持ちのパソコンをSSDに交換しWindows10にしていくのは費用的にも性能的にもおすすめですので、お気軽にご相談ください。

今回、お預かりしたのはプライベートで使われている、MacMini Late2014です。

このパソコンはモニターがなく本体のみの購入が可能です。
モニターは別で必要なのですが、余ってるモニターやテレビに映して使うことができます。
本体も小さいので初めてMacを使う方にもお勧めできる機種だと思います。

先に記載した通り、今までの注文でSSDの速さを体験されているので、プライベートのこのパソコンもSSDにしてほしいとお預かりしました。
詳しく調べてみるとHDDの使用時間も相当時間が経っていましたのでちょうどいいタイミングだったと思います。

では分解をしてHDDを取り出していきたいと思います。
まず、裏蓋を外します。

これは普通に外れます。

丸い鉄板が6つのネジで止まってるのですが、これがかなりの特殊ネジで通常の工具では外せなくなっています。


ちょっと見にくいのですが見た目はヘックス(6角)のようなのですが、ネジの中に芯のような突起物があり、似たような工具の先ではネジの中に入れることが出来ません。これを外すためだけの専用の工具がいるわけです。厄介ですね。

そこは専用工具で外していきます。

HDDは見えません。この機種は中身を全部取らないとHDDまでたどり着けない仕組みです。厄介ですね。

まずはFANをはずして・・

数本のネジと配線を外し基盤(ロジックボード)を抜く準備をします。

基盤を抜くとは、この機種は上の円からは基盤は外せません。横から、まさに抜くのです。

電源ユニットも抜きます。
ピンを抜いてロックを90度回すと電源ユニットが抜けます。


ここまで来てやっとあと数本ネジを外せばHDDが外せそうです。

取り外せたらHDDがついていたアダプターにSSDを換装します。

うむ、当たり前ですがぴったりです。

内部を清掃してから逆の手順でくみ上げて、基盤を押し込めていきます。

FANを付けて配線をつなぎなおして、特殊ネジでしっかり封をしたら完成です。

換装が終わったら、SSDをフォーマットしてOSをインストールします。
今回は希望でMacOS X 10.10(Yosemite)をインストールしました。
起動も動きも非常に快適です。

見た目はかわいいパソコンですが、ハイパフォーマンスPCに負けないパソコンとなりました。

SSDの交換やWindows10へのアップグレードなどありましたらお近くのパソコンドック24までお気軽にご相談ください。

このブログを書いたお店

パソコンドック24 名古屋・名東店 052-703-7790

〒465-0081 愛知県名古屋市名東区高間町501-1 イオンメイトピア 1F»[地図]

全国の店舗一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

Shop List [店舗一覧]

お困りごとや修理に関するご相談は、お近くの店舗へお気軽にご相談ください。

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ