修理事例

Mac Mini Late2014 SSD換装 渋谷区代々木のMac修理事例

こんにちは。
今回は、渋谷区代々木のお客様からのご相談です。
中古で購入したMac MiniをSSDに交換して、
HDDの故障などを心配すること無く、快適にご使用になりたいというご依頼を受けました。

このブログを読めば、誰でも自分で出来るようになれば~という思いを込めて書かせて頂きますね。

まず、HDDの状態で、電源を入れてから、インターネットを開けるようになるまで、
掛かった時間を測ってみました。53秒ですね。
中古屋さんで購入した状態なので、そんなに遅く無いですね。
SSDに換えるとどれくらい速くなるのでしょうね?

裏側の黒い、下面カバーを外しました。

アンテナプレートを外しました。

アンテナプレートは、アンテナケーブルが本体と繋がっているので、一気に外してはいけません。

アンテナケーブルを本体から外せました。

ファンも本体とケーブルで繋がっています。

ファンから本体に繋がっているコネクタを外した後、
3本のスクリューを外して、ファンは外せます。

HDDケーブルを取り外します。

赤外線センサーケーブルのコネクタを外します。

ロジックボードを固定しているスクリューを外します。

ロジックボードをちょっと外せた所で止めます。

なぜかと言いますと、この電源ユニットから伸びているケーブルのコネクタを外す必要があったからです。

ロジックボードが取り外せました。

次に電源を取り外す必要がありますが、その前に、写真のACソケットのクリップを取り外します。

電源を固定しているスクリューを外して、電源ユニットが外れました。

HDDのトレイを固定しているスクリューを外します。
そして、HDDのトレイが外れました。

写真022

ひっくり返すとこうなってます。

HDDをトレイに固定しているスクリューを4本外して、HDDを取り外しました。

HDDケーブルは、HDDに粘着テープで固定されているので、
ケーブルを破損させないように外して行きます。

SSDへ交換しました。

パソコン内部のホコリを全て除去します。
細かいパーツは、エアーダスターを使って掃除します。

はい!一気に元通りに組み上げました。
内部清掃も完了してます。

アップル ハードウェア テスト(AHT)を行い、
組み立てのミスが無いか?各ハードウェアは正常に動作しているのか?
をチェックしました。問題無さそうですね。

OSのインストールを行いました。

電源を入れてから、インターネットを開けるようになるまで、掛かった時間を測ってみました。
22秒ですね。
30秒近く短縮されましたね。
微妙・・・と思われます?(^^)

最初に記載した通り、
SSDに交換を行う前は、中古屋さんで購入したばかりの状態だったので、
OSの状態は、ほとんど使用していない状態でした。

交換前も交換後もOSは、ほとんど未使用状態の場合で、
30秒ほどの差が出ました。

という事は、
長年ご使用になられたMacで、動きが遅くなっている場合は、
もっと速くなった事を体感出来そうですね~。

SSDは、お安くなったので、今が交換のオススメ時期です。
みなさんもいかがですか~

このブログを書いたお店

パソコンドック24 渋谷店 03-6712-7030

〒150-0041 東京都渋谷区神南1-20-10 神南興業ビル3F»[地図]

全国の店舗一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

Shop List [店舗一覧]

お困りごとや修理に関するご相談は、お近くの店舗へお気軽にご相談ください。

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ