修理事例

NEC DA770/F PC-DA770FAR 自動修復画面になり起動しない

名古屋市西区からお越しのお客様に、「BIOS画面が起動してしまいOSが起動しない」というご相談を受けました。
店頭確認では自動修復画面になりましたが、どちらにしろ起動デバイスを上手く読めていないようです。

NEC DA770/F PC-DA770FAR Windowsが正しく読み込まれませんでした

パソコンの電源を入れると、「自動修復 Windowsが正しく読み込まれませんでした」と表示され、OSが正常起動しません。
お預かりして、診断を行っていきます。

分解:HDD取り外し

カメラの部分を上に引き上げ、メモリーとボタン電池にアクセスできる蓋を外します。

裏パネルを留めているネジを全て外します。

メモリーの横にある、カメラケーブルを抜いておきます。

パネルを外していくとカメラケーブルが固定されているため、慎重に外します。
勢いよく外すとケーブルを破損しかねません。

パネルを外すとHDDと取り外せます。
3つのネジを外して、SATAケーブルを外します。

HDDチェック:注意

2600時間ほどしか使用していませんが、読めなくなっている箇所がかなりの数検出されました。
Windowsを起動するために必要なファイルに引っかかってしまったため、Windowsが起動できなくなってしまったようです。

この時点でメモリーのチェックテストを行いますが、こちらは問題なし。

HDDをコピー機に繋ぎます。
時間はかかったもののなんとか完了しました。

DtoDリカバリー

仮のHDDを繋ぎ、リカバリーを試します。
電源投入後F2キーを連打し、BIOS画面を表示します。
EXITタブの中に「HDDリカバリー」があるので、選択します。

トラブルシューティングを選択。

NECリカバリーツールでは再セットアップメニューが表示されなかったため、「このPCを初期状態に戻す」を試します。

「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました。変更は行われませんでした。」と表示されました。
DtoDで初期化することはできなかったため、HDDの中からリカバリーデータを救出し、強制的にリカバリーメディアの作成を行います。
(リカバリーメディア強制作成は庄内緑地公園店独自のものです)

HDD交換・リフレッシュパック

元々は3TB搭載されていましたが3TBも必要ないとのことなので、1TBの新品HDDに交換します。
さきほど作成したリカバリーメディアで、リフレッシュパックを施します。

機能確認・返却

2019年8月時点での最新のWindows10(v1903)までアップデートし、不具合がないかの確認を行います。
内外の清掃をしっかり行ってから返却です。

このブログを書いたお店

パソコンドック24 名古屋・庄内緑地公園店 052-505-6100

〒452-0804 愛知県名古屋市西区坂井戸町213»[地図]

全国の店舗一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

Shop List [店舗一覧]

お困りごとや修理に関するご相談は、お近くの店舗へお気軽にご相談ください。

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ

パソコン修理・Mac 修理・データ復旧のお問い合わせはパソコン修理のご相談窓口へ